中日ドラゴンズ熱烈応援中♪
アインシュタインっぽい
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
scrap
2008年 08月 02日 (土) 11:05 | 編集
こりゃやっぱりぺたっとな・・・しとかないと。(@´艸`@)

毎日jp
プロ野球球宴:自身の役割を認識 MVP荒木雅博選手
 ○全セ11-6全パ●(マツダオールスターゲーム第2戦)

 ◇中日・荒木雅博選手
 お祭りにはやや地味なMVPとも思えるが、球宴といえども勝負事としてとらえるなら、中日・荒木の活躍は受賞にふさわしいものだった。

 全セが1点リードで迎えた四回。1死満塁の好機で打席が回った。「最初のチャンスで代えられると思っていた」と言いながらも、きっちり結果を出した。「直球1本に絞っていた」と狙い通り、ロッテ・成瀬の直球をはじき返し、リードを広げる左越え2点適時打を放った。

 そして、全セが打者11人の攻撃でたたみかけた五回。同僚のウッズの球宴初本塁打などで3点を加え、なお1死一、二塁の場面で3打席目を迎えた。「併殺打を打たなければ次は青木もいる」と、つなぐ意識で粘った末の6球目。低めの変化球をうまくさばき、左翼線へ適時二塁打。この後の青木、宮本の連打を呼び込んだ。

 「求められているものは守備や走塁」と自身の役割を認識している。「強烈な本塁打とかでは、ぼくは賞は取れない。内川選手がMVPだと思っていた」と振り返った。それだけに「びっくり」と驚きを隠せなかったが、「非常にうれしい」と笑顔も見せた。

 日本代表として出場する北京五輪では、攻守にわたり堅実な役回りが期待される。「しっかり力を出して金メダルを取って帰ってきたい」と荒木。北京でも、この夜のように渋い光を放ってくれるだろう。【立松敏幸】



中スポでも
>こういうのはボクの“ポジション”じゃないんですけどね。
なんて語っちゃってますが・・・
そんなあらきがだいすきです


ついでに1戦目のこちらの記事もぺたっとな。

スポニチ
落合監督五輪見据え、荒木にまさかのバント指示
◆ 荒木「北京では決めますよ」 ◆

 <全パ5-4全セ>えっ、球宴なのにバント!?8回無死一塁の場面で荒木が投前バントしたが、一塁走者・青木は二封され、手堅い作戦?は失敗に終わった。

 「ビックリしました。まさかここで出るかって感じでした」

 荒木も苦笑いだ。打つ気満々で打席に向かった荒木に、落合監督が「トラ(荒木の愛称)、バント」と直接指示。落合監督が舞台裏を明かした。

 「北京に行ったら、それしかないだろ?トラは守りにバント。スタメンで使われるか?世界No.1セカンドだから、オレだったら先発で使うけど」

 五輪をにらんでのテスト。もっとも、他球団の選手が打者なら「口が裂けてもバントとは言わないけどな」と落合監督。荒木も「失敗は反省しないと。北京では決めますよ」と指揮官の意図には納得顔だった。



ででで・・・できるかなー硬直しないで。>バント
どきどきどきどき
スポンサーサイト
ARAKing | - | - | top
copyright (C) アインシュタインっぽい all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。